会社概要

Hajime Planning概要

演劇興行や表現ワークショップなどのイベントを通して、多くの人が実演芸術(演劇)を享受し、表現力を身につけることで、精神的・文化的に豊かに生きることができる社会を目指す。

事業所情報

所在地;千葉県船橋市芝山7−27−12

代表;柿沼直樹

電話;090-2654- 1860

柿沼直樹プロフィール

中学校2年生の春、「3年生を送る会」で上演した「夕鶴」で舞台に立ったのをきっかけに、演劇に興味を持つ。高校では、2年生から演劇部に入り活動。唯一の男子部員だった。

1986年(大学2年)の夏、OBとして関わっていた高校の演劇部が、文化祭と地区大会でオリジナル脚本を上演したいという意向を持っていて、その脚本を書くことになる。それが処女戯曲「プロメテウスの炎(ひ)〜その昔、人間は考える葦であった〜」。この脚本で演劇部は県大会に進出。これで創作の面白さを知る。

その後、1989年に初めて自前のユニットでの公演を行う。1998年に現在のFavorite Banana Indiansを立ち上げ、「息吹肇」の名前(俳優としては本名)で活動。途中で出版社に就職し、一時は活動停止したが、どうしても諦められず、活動を再開。途中何度かの中段を挟みながらオリジナル脚本を上演してきた。

病気をきっかけに会社を辞め、2014年から演劇活動に専念。そして、2016年に自分の演劇活動の継続への支援を求めて行ったクラウドファンディングの目標金額を達成したことで、本格的に演劇を「事業」として行うことを決意。Hajime Planningを立ち上げた。

2017年5月現在、Favorite Banana Indianとその前身の団体の公演回数は、本公演・番外公演を合わせて25本。演出した俳優は、元AKB48の松原夏海さんをはじめ、のべ216人である。また、他団体や学生の演劇部によって、これまでに17回脚本が上演された。